大企業と中小企業の年収差は330万円!なぜここまで違う?

大企業の平均収入は、700万円から800万円となっている。一方、40歳前後の中小企業の平均的なサラリーマンの1年間の平均収入は400万円ほど。

従業員の数も多く、多くの事業部門があって、分業化がきちんとなされている大企業の方がひとり当たりの業務の範囲が明確で、兼任業務も少なく、働きやすい環境が整っているといえるだろう。

一方、中小企業では、従業員の数が少ないため、どうしても、従業員ひとり当たりにかかえる業務の量が多くなってしまう。いくつかの複数の業務の兼任が当たり前だ。こう考えると、一部上場のような大規模な企業に勤める方が中小企業に勤めるよりもずっといいように思えるだろう。

しかし、こう考えてみてはどうだろうか。中小企業で複数の業務を兼任し、複数のスキルをもつ。そして、そのたくさんのスキルを活かして、よりよい待遇の企業へいつか転職する、そんなキャリアプランもありといえばありなのである。

大企業と中小企業にここまで差が発生してしまう原因は何なのか?それを詳しく解説した記事が「大企業と中小企業の年収差は330万円!なぜここまで違う?」である。

サブコンテンツ

このページの先頭へ