不動産投資は東京が有利?

不動産投資では投資物件そのものが投資の成功の鍵になります。
具体的には、金額、築年数、間取り、管理体制、立地条件、利便性などが考えられますが、もっとも重要なのは投資エリアの選定ではないでしょうか?

例えば、将来に渡り人口が減少するエリアに投資するのは誰が考えても、お金を捨てる行為に該当するのではないでしょうか?
ではこの状況を正反対の将来に渡り人口が増え続けているエリアはどうでしょうか?
安定的な需要が予測され、場合によっては供給不足になる可能性さえ秘めているのです。

ではこの状況を日本であてはめるとどこのエリアが該当するでしょうか?
そうです。該当するのは東京になります。

ただし東京の物件にもデメリットがあります。それは物件価格が高いことです。
では価格が高いと何がデメリットなのか?それは高い利回りが見込めないことです。

デメリットを見ると、あまり良い投資先に思えない方もいるでしょうが、このデメリット以上のメリットが東京の投資物件にはあるのです。

空き家スイッチの東京の不動産投資」によれば、空室リスクの低さ、投資物件のの汎用性の広さなどがあげられています。

そして総合的に勘案すると、やはり東京が不動産投資先としては、最適となるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ