外壁塗装の専門家が教える、失敗しない外壁塗装会社選びのポイント

失敗しない外壁塗装会社選びのポイントとして地元以外の外壁塗装会社とは契約しないことをおすすめします。どうして地元以外の業者と外壁塗装の契約をしてはいけないのでしょうか?

地元でない外壁塗装会社のデメリット(1)
地元ではない業者と外壁塗装契約すると、何かトラブルが起こった際にすぐに駆けつけて貰えない、アフターメンテナンスを受けられないことが多いといったデメリットがあります。

自宅から遠い場所にある外壁塗装会社と契約してしまったためにアフターメンテナンスを受けらないといった失敗事例は良く聞きます。一方、地域密着の地元の業者なら、もし施工後にトラブルが起こった場合に気軽に相談し問題箇所を補修してもらうこともできます。

地元でない外壁塗装会社のデメリット(2)
遠隔地の業者の場合、現場まで遠いため、交通費の分だけ外壁塗装費用が高くなる可能性があるということ。業者によって違いますが交通費分が見積もりに経費として入っていることが普通です。

地元でない外壁塗装会社のデメリット(3)
地元以外の遠隔地の外壁塗装会社のデメリットとして、その地域の気候特性を知らない塗装業者に外壁塗装をさせてしまうと施工不良が起こるリスクが高まるということです。

塗料には、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料などさまざまな種類の塗料が存在します。降水量の多い地域、冬場の気温が低い地域、海に近い地域など、地域ごとに最適な塗料は異なります。地元の塗装業者ならその地域の気候に最適な塗料を熟知していますので塗料選びで失敗するリスクは低くなります。一方、地域性を理解していない遠隔地の塗装業者の場合、その地域の気候性に適さない塗料を選んでしまうリスクが高まります。

地元でない外壁塗装会社のデメリット(4)
地元の塗装会社が手抜き工事をすれば、その噂はあっという間に広がってしまいます。地元で商売している業者なら手抜き工事をされるリスクはより少ないでしょう。一方、地元で手抜き工事をしてしまい地元で商売がし難くなった業者が地元から離れた地域で訪問販売活動をするといった事例が良くあります。地元から遠い訪問販売業者と外壁塗装契約をしてしまうとそういった悪徳業者に当たってしまう確率が高くなってしまいます。

訪問販売で契約したら下請けの業者が雑な施工をしました。塗装から一年ですぐに塗装がはげてしまいました。といった不良施工も多いのです。

外壁塗装会社選びに失敗しないためには、地元で評判の良い地域密着の業者を選ぶことをおすすめします。

首都圏でおすすめできる外壁塗装会社のひとつが千葉の外壁塗装会社・屋根塗装会社「ハウスペイントアゲイン」です。ハウスペイントアゲインは営業マンや下請けを雇わない完全自社施工でコストを削減し相場よりも大幅に安い費用での外壁塗装・屋根塗装を可能にした職人集団です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ