生理の前に肌荒れしやすくなるのは本当?

よく生理の前に肌荒れするという話を聞きますね。実際にそう実感している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

生理の前に肌荒れしやくすなるというのは本当です。なぜなら、生理の一週間前くらいになると黄体ホルモンが増え、この黄体ホルモンは皮脂の分泌を促す働きがあるためです。皮脂が増えると、皮脂をえさとするアクネ菌が増え、にきびや肌荒れを引き起こします。

そのため、生理前に顔のテカリを感じるような場合は、油とり紙や汗用シートなどで余分な油をふき取る、洗顔をしっかり行うなどの対策が必要です。

ただ、皮脂を取り除きすぎると、今度は肌のバリア機能が減少し、今度は外的な要因によって肌荒れが起こってしまうので、肌がカサカサになるほど皮脂をふき取ったり洗い流してしまうのはやめましょう。

また、肌荒れは肌のターンオーバーが正常になされない事でも起こります。そんなときは、プラセンタで肌のターンオーバーを改善するドクターケシミーは(Dr.Kesimy)を使って肌のターンオーバーを改善するとよいと思います。

ドクターケシミーは(Dr.Kesimy)には、ターンオーバーを促進するローマカミツレエキスや、肌の引き締め効果のあるシナノエキスなど12種類の植物エキスが配合されていて、肌の悩みを改善してくれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ