住宅街の一般家庭では手動式芝刈り機がおすすめです。

芝刈り機といっても手動式・電動式・エンジン式と様々なタイプがあります。一般の家庭の庭程度の広さでは手動式の芝刈り機で十分で、エンジン式よりもたくさんの種類が販売されているので
必要に応じて選択可能です。それに夏場の暑い季節は体力が消耗するので高齢者の方や体力に自信のない方はエンジン式の方がいいかもしれませんが、エンジン式は都会の街中では使いづらい問題があるのです。それは騒音問題です。閑静な住宅街では非常にうるさいので苦情が来る可能性もあるので住宅街では手動式を使用する方がいいのです。そこで人気の手動式芝刈り機ベスト3を紹介します。
キンボシのゴールデンスター無調整手動式芝刈り機ナイスバーディーモアGSB-2000Nは約16000円で、回転刃と固定刃が常に一定の力ですり合うため面倒な刃調整が不要で、初心者でも使いやすいのが特徴です。
バロネスの手動式芝刈り機LM4Dは約60000円と高額ですが、あの石川遼選手の施設練習場でも使用されるほどのプロ仕様の刈り上がりと耐久性なのが特徴です。
高儀の手動芝刈り機300mmは約7000円で、手に優しくフィットするクッショングリップでワイドな刈り幅300mmで楽々刈り上がり、リール式なので切り口も綺麗に仕上がるのが特徴です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ